江戸川区のおすすめ写真館3選 » データをもらったその後は? 子どもの写真活用方法を伝授! » 記念として形にしたいならフォトアルバム作成がおすすめ!

記念として形にしたいならフォトアルバム作成がおすすめ!

記念写真を撮ったら、フォトアルバムにすると、記念日を振り返る際に見やすくなるのでおすすめです。デジタルカメラでの写真や、データとして残っている写真の状態は、気軽に写真を見ることはできます。

しかし家族で記念写真を振り返る機会が減ってしまい、もったいないと感じる人が増えてきました。

そこで、写真データをフォトブックとしてアルバム作成する方法が、新たな写真の残し方として人気を集めています。ここでは、デジタルとアナログに分けて、フォトアルバムの作成をメリットやデメリットを含めて紹介します。

江戸川区の
おすすめ写真館をチェック!

デジタルで写真を楽しむ

デジタルカメラの普及や、スマホの普及によって写真は気軽に取れて確認できるものになりました。大量のデータを管理することが出来るようになり、新たな写真の楽しみ方や保存方法が登場しています。

デジタルフォトアルバム

デジタルフォトアルバムは、写真をデジタルデータの状態でアルバムの様にカテゴリーをまとめて作るアルバムです。

ハードディスクやメモリ、クラウドストレージなどに写真保存し、写真を整理してアルバムの様にしたり、自動で写真を整理してくれるサービスを活用したりすることもできます。

スライドショーの様にパソコンや、スマホ、テレビなど画面で楽しむことも可能です。

メリット

デメリット

デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレームとは、写真フレーム型のデジタル写真を表示するディスプレイです。内臓のフラッシュメモリやUSBや、SDカードなどの写真データを再生して表示します。

これまでの写真フレームとは違い、1つのフレームでたくさんの写真を再生することが可能です。

メリット

デメリット

アナログで写真を楽しむ

デジタル化が進むからこそ、アナログな写真の楽しみ方も再注目されています。データとして残すだけではなく、あえてプリントアウトする写真の楽しみ方を紹介します。

フォトアルバム

写真をプリントアウトして、アルバムとして保存する方法も最近はデコレーションなどをして思い出の記録にする人が増えています。アルバムとして写真を保存することで、気軽に家族で写真を振り返ることができます。

また、L版だけでなく、小さくプリントアウトした写真や、ステッカータイプの印刷などを活用し、デコレーションやクラフトが好きな人は、手作りのフォトアルバムと記録を残すことも楽しみの一つになります。

スクラップブックを活用して、写真にデコレーションをすることにより、世界に一つだけの成長記録家族の思い出記録ブックを創ることも、子育て記録としての楽しみになります。

メリット

デメリット

フォトブック

アルバムに写真を保存するのは手間だけど、形になる記録として残したい人におすすめな方法が、フォトブックの作成です。店頭やオンラインで写真をえらび、デザインを選ぶことでフォトブックが製本されて手元に届けてくれます。

また記念日やイベントごとに、フォトブックを作成する人も増えています。フォトブックサービスを提供する会社も多く、それだけ需要が高いといえるでしょう。

メリット

デメリット

記念写真は振り返ることができる形にしよう

デジタル、アナログともにそれぞれの良さがあります。写真を撮ったらそのままにせず、記念日を振り返ることができる形にしておくと良いでしょう。

目的別でみる!
江戸川区にある
おすすめ写真館3選

※価格はすべて基本プランの「税抜価格」になります。
(※1)データで購入できる対象者は「セット・コレクション」を購入、もしくは「税込5万円以上購入」になります。