七五三

七五三について

【Coffret home】七五三女の子
引用元HP:Coffret home
https://www.coffrethome.com/garally

七五三は3歳、5歳、7歳での子どもの成長を祝うとともに、これからの健康と成長を願う日本の伝統行事です。

起源は平安時代にさかのぼり、江戸時代に全国的に広まりました。当時の日本では、子どもが3歳を迎えることは簡単なことでなかったため、3歳を迎えられ子どもの成長を祝い、その後の健康を祈願することが始まりでした。
5歳、7歳も子どもの成長では節目とされ、子どもが無事に成長することを喜び祝うことが習慣となり、七五三と呼ばれるようになりました。
それぞれの数え年で、男の子は3歳と5歳女の子は3歳と7歳でお祝いをします。

現在は日本の伝統的な着物を着たり、ドレスなど正装をして神社でご祈祷をしてもらい、家族でお祝いの席を持ったり、記念写真を撮ることが一般的です。

七五三の記念写真での体験談

満年齢で撮影しなかったがために…

数え年の3歳で娘の七五三をしましたが、実際は早生まれで2歳9か月のタイミングでした。

せっかくだから、可愛い着物を着て写真を撮りたい。娘も可愛い服に興味を示し出していたので大丈夫だろうと思ったのですが、当日は着物を着たくないと朝からぐずり、義両親含めておだてにおだててやっと着てもらっての撮影となりました。

3歳過ぎに七五三をしたママ友たちからは喜んで着物を着てくれたと聞いていたので、満年齢でする方がよかったかもしれません。

直前での準備で失敗…

子どもの体調が良い日に七五三をしようと考え、お参りの日などは直前に決めて両親たちと七五三のお参りに行きました。

しかし、神社の駐車場に入るまでに長蛇の列、中に入るまでに1時間近くかかりました。着物を着た娘はぐずりだし、次女も疲れ果ててやっとのお参り。

お参りの後も近所のレストランでお昼を食べようと思ったのですが、どこもいっぱいで入れませんでした。事前に計画を練っておくべきだったと後悔した経験です。

ぐずり対策は慎重に

午前中にお参りをして、午後に記念写真を撮る予定でしたが、3歳の息子はお参りで疲れてしまい、昼食は大泣きで食べられずお昼寝へ。

その後写真館に行ってからも、寝起きで機嫌が悪く、着替えも嫌がり私服での撮影になってしまいました。

撮影とお参りを別日にしたり、お気に入りのおもちゃやお菓子などぐずり対策をもっとすればよかったです。

江戸川区の
おすすめ写真館をチェック!

七五三撮影の際に
知っておくべきポイント

【Coffret home】七五三男の子
引用元HP:Coffret home
https://www.coffrethome.com/garally

七五三のシーズンは神社のご祈祷や写真館での写真撮影もたいへん混雑します。主役である子どもにとって晴れ着を着て長時間過ごすことは負担にもなります。

子どもにとって負担が少なく、家族の思い出となるように、シーズンであれば予約を取って段取りを組むことや、シーズンに縛られることなく柔軟にスケジュールをずらすなどするとよいでしょう。

七五三シーズンはレストランなども混雑します。家族で食事会をする場合などは、事前に予約をしましょう。 ご祈祷と記念撮影を同日に行う以外にも、前撮りなど日程をずらすことで子どもも大人も負担が少なくなります。お子さんの体力や生活リズムなどを考慮して計画を立てるようにしましょう。

神社によってはご祈祷の事前予約が必要です。ご祈祷をお願いする神社のご祈祷の申し込み方法を事前に確認しましょう。

また、神社での記念撮影の場合、出張カメラマンを予約して写真を撮影することも可能です。その場合、神社によっては撮影禁止の場所や時間がある場合もあるため、事前に確認をしましょう。

江戸川区内にある神社の紹介

江戸川区内にある神社の一例をご紹介します。七五三の参拝の際に、ぜひ参考にしてみてください。

篠崎浅間神社

江戸川区最古の神社として、御祭神は最も美しい神様と言われる木花開耶姫尊(このはなさくやひめのみこと)を奉っています。安産、火防、子育ての神様とされています。

七五三の社殿祈祷は予約制となるため、事前に電話での連絡と予約が必要です。また、初穂料は5,000円以上となっています。

篠崎浅間神社の基本情報

所在地 東京都江戸川区上篠崎1-22-31(駐車場あり)
アクセス 都営新宿線「篠崎駅」から徒歩15分
JR総武線「小岩駅」京成バス20分
お問合せ 03-3679-6183(9:00~17:00)

宇喜田稲荷神社

豊受姫神(とようけひめのかみ)を御祭神として奉り、豊かさや繁栄をもたらす御神徳から、農業漁業、商業や工業、生産の神様として地元を守っています。

七五三のご祈祷は電話または直接神社にて予約が必要です。祈願祭の所要時間は20分程度で、初穂料に関しての取り決めはなく、個人の場合は5,000円が一般的となっています。

宇喜田稲荷神社の基本情報

所在地 東京都江戸川区北葛西4-24-16(駐車場あり)
アクセス 東京メトロ東西線
「西葛西駅」北口から徒歩12分
都営バス <葛西24>
「葛西郵便局」停留所下車
都営バス <秋26>
「稲荷神社前」停留所下車
お問合せ 03-3680-0025(9:00~18:00)

小岩神社

御祭神は、天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)、住吉大神(すみよしのおおかみ)、天児屋根大神(あめのこやねのおおかみ)、八幡大神(はちまんのおおかみ)、衣通姫大神(そとおりひめのおおかみ)を奉る神社。

七五三に予約は必要なく、神社での当日の申し込み順で、年中毎日9時から17時までの間、個人祈祷を行っています。混雑時は待ち時間がかかることがありますが、ご祈祷時間は約15分程度です。初穂料に決まりはありません。

小岩神社の基本情報

所在地 東京都江戸川区東小岩6-15-15(駐車場あり)
アクセス JR総武線「小岩駅」東口より徒歩8分
お問合せ 03-3657-6168

平井諏訪神社

御祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)と春日明神(かすがみょうじん)を奉り、信州一宮諏訪大社の分社でもあります。ご祈祷に関しては確認が必要です。

平井諏訪神社の基本情報

所在地 東京都江戸川区平井6-17-36
アクセス JR総武線「平井駅」より徒歩5分
お問合せ 03-3612-1374

水天宮

御祭神に天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)を奉り、日本の神々の祖先神であり、安産や子授けに神徳を表すとされ、子宝の神様として有名です。江戸川区ではありませんが、子どもに関連したお参りごとで人気の神社です。

ご祈祷は8時30分から15時30分までの間の当日の受付にて受けることができます。祭事などがある場合は予定が変わるため、ホームページでの確認が必要です。

水天宮の基本情報

所在地 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4−1
(有料駐車場:40台分有)
アクセス 東京メトロ半蔵門線
水天宮前駅(5番出口)より徒歩1分
東京メトロ日比谷線
人形町駅(A1出口)より徒歩6分
都営地下鉄浅草線
人形町駅(A3出口)より徒歩8分
都営地下鉄新宿線
浜町駅(A2出口)より徒歩12分
※東京駅八重洲口からはタクシーでおよそ15分
お問合せ 03-3666-7195(7:00~18:00)

七五三は子どもの記念日の中でも、多くの人が記念撮影をする一大イベントです。

ご紹介したポイントを抑えつつ、どこの写真館で事前に撮影してもらうか、どこの神社にお参りするかなどを決めておきましょう。

目的別でみる!
江戸川区にある
おすすめ写真館3選

※価格はすべて基本プランの「税抜価格」になります。
(※1)データで購入できる対象者は「セット・コレクション」を購入、もしくは「税込5万円以上購入」になります。