ハーフバースデー

ハーフバースデーについて

【フォトスタジオKOWA】ハーフバースデーの男の子
引用元HP:フォトスタジオKOWA
https://www.kowa-studio.com/service/birthday/gallery

ハーフバースデーとは、赤ちゃんの生後半年(6ヶ月)をお祝いするイベントです。1歳の誕生日の半分のタイミングで、半年間の成長のお祝いと、新米ママやパパの半年もお祝いします。

もともとはアメリカやイギリスで生まれたイベントですが、近年ではベビーシャワーなどとともに一般的になってきました。

写真館にいって記念写真を撮ったり、寝相アートや自宅を飾り付けて写真を撮ったり、離乳食のケーキを用意したり、それぞれの家庭でお祝いすることが多いようです。

ハーフバースデーの記念写真での体験談

今しか見られない姿を思い出に

初めての育児に追われていて、気づけば半年。今しか見られない姿を写真に残そうと写真館でアルバムを作りました。

人見知りが始まっていたので、写真館での撮影は泣いてばかり、笑顔の写真は難しかったですがそれも良い思い出です。

可愛い笑顔にやられて結果オーライ

ハーフバースデーは家でスタジオ風に写真を撮ろうと決め、花冠やお花などを手作りで用意しました。

ところが、いざ撮影となると、なんでも口に入れる時期に突入していた娘は飾りを口に入れたいようで、それを取り上げる、また口に入れるの繰り返し。

せっかく作ったのに・・・と思いながらもいい笑顔の写真が撮れたので結果オーライです。

アルバムで思い出を振り返ってます

普段子供の写真ばかり撮っていて、ママやパパと一緒の写真は少なかったので、写真スタジオで一緒に写真を撮りました。

家族で記念を残せるのはいいなぁと、アルバムを見るたびにその時が思い出されるのでオススメです。

江戸川区の
おすすめ写真館をチェック!

ハーフバースデー撮影の際に
知っておくべきポイントや注意点

【フォトスタジオKOWA】ピンクボールを持つ着ぐるみの子
引用元HP:フォトスタジオKOWA
https://www.kowa-studio.com/service/birthday/gallery

生後の赤ちゃんの成長にも個人差があります。お座りができる場合もあれば、そうでない場合もあるので、成長に合わせた写真を無理なくとることが大切です。

また、離乳食が始まり、食べることへの興味が出てくる時期でもあるので、何かと口に入れるようになる時期です。飾りつけなどで使うものは誤って口に入れても問題のないものなどを選ぶと良いでしょう。

また、子供の成長記録として日々写真を撮ることは多いかもしれませんが、ママやパパと一緒に写っている写真は少ないことも多くあります。

こういった記念のタイミングでは、ママやパパと一緒に写真を撮って記録を残すことで思い出に残る記念日にできますよ。

目的別でみる!
江戸川区にある
おすすめ写真館3選

※価格はすべて基本プランの「税抜価格」になります。
(※1)データで購入できる対象者は「セット・コレクション」を購入、もしくは「税込5万円以上購入」になります。