ハーフ成人式

ハーフ成人式について

【Coffret home】ハーフ成人式白いドレスの子
引用元HP:Coffret home
https://www.coffrethome.com/garally

ハーフ成人式とは、成人式の半分の年齢である10歳のタイミングで、これまでの成長をお祝いするイベントです。

始まりの起源ははっきりしていませんが、20歳まで生きられないかもしれない状況にある子どもに、その半分である10歳を迎えられたお祝いをしたいという両親の気持ちにより始まり、その後学校行事として広まってきています。

20歳の自分に向けた手紙を書いたり、これまでの成長について両親から話を聞いたり、感謝の手紙を書くといった内容が多いようです。

実際に保護者参観でイベントとして行う学校もあるなど、その形は様々です。この流れから近年では学校行事だけでなく、家庭でも10歳のお祝いに記念写真を残す人が増えています。

ハーフ成人式の記念写真での体験談

わが子の成長姿に思わず感動

ハーフ成人式なんてこれまで聞いたこともなかったのですが、先日息子の学校のハーフ成人式に参加しました。

体育館に生徒が入場し、保護者が見守る中一人一人、将来の夢と親への感謝のスピーチをしていきました。大勢の前で緊張してしまう子、ハキハキと話す子、感極まって涙してしまう子など様々でした。

でも、どの子も未来へ向かっていることが伝わってきて、その成長した姿に感動しました。

親子の気持ちを伝える素敵な機会

ハーフ成人式では各クラスでの子どもたちの30秒スピーチがあり、感謝や将来の夢、これから頑張りたいことの発表がありました。

その後は合唱があり、先生と子どもたちで作った子どもたちの生まれた時と幼少期のスライドショー。事前に生まれた時と幼少期の写真を1枚ずつ提出するように言われていたものが、クラスのスライドショーになっていました。
わが子だけでなく、クラスのそれぞれの子の成長がわかるのは、感動的でした。

その後、子どもたちからの手紙があったのですが、実は子どもたちにも秘密のお手紙が親から用意されていました。役員さんが事前に手配してくれていたものです。
子どもたちもびっくりの展開でしたが、普段なかなか言えない親の気持ちを伝えるとても良い機会を頂いたなと思っています。

江戸川区の
おすすめ写真館をチェック!

ハーフ成人式撮影の際に
知っておくべきポイントや注意点

【Coffret home】着物を着た女の子
引用元HP:Coffret home
https://www.coffrethome.com/garally

ハーフ成人式を迎える10歳は、思春期に突入し始める多感な年頃でもあります。反抗期が始まっている場合や、子どもの成長段階も様々です。

学校の行事として行われる場合は、学校による指示などがありますが、主役である子どもの多感な気持ちに寄り添いながら、お祝いできるよう見守る姿勢が大切だということが体験談や先輩ママの声であげられています。

また、家庭でのお祝いで記念写真を撮ることは、家族の思い出や記念を残す良い機会です。思春期に入ると家族そろって写真を撮ることが難しいこともあります。

最近では写真館でも、ハーフ成人式のプランや衣装を用意しているところが増えてきました。成人式までの間に家族での記念を残す機会として、家族写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

目的別でみる!
江戸川区にある
おすすめ写真館3選

※価格はすべて基本プランの「税抜価格」になります。
(※1)データで購入できる対象者は「セット・コレクション」を購入、もしくは「税込5万円以上購入」になります。